So-net無料ブログ作成

アルコール性肝障害に詳しいですか? [肝臓病]

これからお話することは、お酒を日常から摂取する方や大量にお酒を摂取する方によく聞いて欲しいのです。

あなたはアルコール(単にアルコールという場合、お酒を指すことがほとんどでしょう)性肝障害を知っていますか?

アルコール(お酒はエチルアルコールが主成分で、依存症になってしまうことも少なくありません)性肝障害は、アルコール(メチルアルコール、エチルアルコールなどの種類があります)を過剰に摂取すると、約2割の人に起こる可能性があるとなっているんです。



そして、いままで飲んで来たお酒の量が多ければ多いほど、アルコール(最近のお酒はジュースみたいな缶で売られていることもあり、子供が誤飲する事故も起こっています)性肝障害を引き起こす危険性が高いのです。

その上、既に脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)肝だと診断されいる方はより一層注意してください。

簡単な目安には、日本酒で計算して、一日3合飲酒(適度な量であれば、ストレス解消にもなり、健康にもいいでしょう)する生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)を五年以上続けると、発症の危険性が高いと思います。



これはあくまでも目安ですから、この病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)が発生するかどうかには個人差があるんです。

でも、女性だったら男性の約3分の2の量で、この病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)が発生するとも言われているのです。

それに、男性ではこの生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)を約20年間、女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)ではこの生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)を約十二年間続けると、

肝硬変(進行性の慢性肝疾患で、肝炎とは違って非可逆的です)になってしまう可能性が高くなるそうです。



毎日飲酒(適度な量であれば、ストレス解消にもなり、健康にもいいでしょう)量をチェックしながら、大量にお酒を摂取しないよう心掛けてください。

また、若年層の場合は、アルコールの摂取量が少ない場合でも発症してしまう恐れがある為、

若い方は若いからといっても安心せず、お酒の摂取量を控える必要がありますね。



アルコール(最近のお酒はジュースみたいな缶で売られていることもあり、子供が誤飲する事故も起こっています)性肝障害は、初期段階では大半の方が自覚症状がなくて、症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)があったとしても全身の倦怠感を感じる程度になると思います。

しかし、病気(先天的なものも少なくないでしょう)が進行していけば、肝臓病に似た症状で、黄疸や嘔吐・下痢などの症状を発症するんです。

自覚症状が無いので、血液検査などを受けて発覚する事が多いでしょう。

ただ、軽度のアルコール性肝障害であれば、お酒の摂取量を日々控えていくことで改善されることになるのです。



今日の気になるリンク集!!
ヘルシア緑茶を摂りすぎると肝臓に負担?
「脂肪肝」とはどんな病気なの?
肝臓にはアルコールは禁物



この記事の関連ワード
タンパク質 口臭 芸能人 NASH レシピ 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。