So-net無料ブログ作成

タウリンの効果ってどうなんでしょう? [肝臓病]

いかやたこなどといった魚介類、牡蠣などの貝類に多く入っている成分である「タウリン(ドリンク剤によく含まれていますね)」。

タウリン(別名アミノエチルスルホン酸で、言われている由来はラテン語の雄牛だそうです)は私達人間が生命を保つためには、必須な栄養素(組み合わせることでより吸収効率がよくなったりするそうですよ)であり、

脳や血液、心臓や肝臓など、体の殆どの部分に存在している成分なのです。



そのタウリン(タコやイカなどの魚介類に多く含まれていて、血圧やコレステロール値を下げたり、肝臓の働きを促進したりすると考えられています)が肝臓に取って、肝臓の機能を高めてくれるのに効果のあるといわれることをご存知でしたか?

タウリン(カルボキシル基を持たないため、厳密にいうとアミノ酸ではありません)が一体どんな効果を肝臓にもたらすのか、簡単にお話していきます。



まず、1つめの働きとしては、何らかの理由によって、損傷を受けた肝臓の細胞の再生を促進させる作用があり、更には、保護する働きを持っているといます。

そして、2つ目は、肝臓の働きを助けてくれる胆汁(胆のうに貯蔵されていて、食事の際に排出されます)の分泌を促進させることによりくれるので、肝臓の働きが正常に保たれるのです。



胆汁(肝臓で生成される液体で、黄褐色です)の主な成分であるのが胆汁(一日に600ミリリットル分泌され、摂取した脂肪を分解しやすくします)酸かと言って、

胆汁(胆のうに貯蔵されていて、食事の際に排出されます)酸は脂肪を分解して消化する作用があります。

また、過剰なコレステロール(ステロイドホルモンやビタミンDなどの原料になるため、必要不可欠です)を排泄する働きがあるため、血中のコレステロール(脂質の一種で、遊離脂肪酸です)の値を低下させてくれます。



その他にも、タウリン(タコやイカなどの魚介類に多く含まれていて、血圧やコレステロール値を下げたり、肝臓の働きを促進したりすると考えられています)は肝臓に効果のある働きをしてくれます。

例えば、アルコール(単にアルコールという場合、お酒を指すことがほとんどでしょう)は体内に入ると肝臓で分解され、さらに酵素の力によって分解されることで、肝臓に大きな負担を掛けています。

それで、お酒を多量に摂取すると、肝臓に負担を掛けてると言われているのです。



しかし、タウリンには、酵素(タンパク質からできているので、70℃をこえる熱により活性を失うという性質があります)分解される際に、分解を助ける働きがあるのです。

ですから、タウリン(タコやイカなどの魚介類に多く含まれていて、血圧やコレステロール値を下げたり、肝臓の働きを促進したりすると考えられています)が体の中に存在すると、アルコールの分解が早まり、肝臓に負担が軽くなるわけです。



お気に入り!
コーヒーは肝臓に良い飲み物
タウリンが肝臓の機能を高めるその効果とは?
肝臓の検査には3つの検査がある



この記事の関連ワード
ナッシュ 新種 タンパク質 レシピ NASH 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。