So-net無料ブログ作成
検索選択

ヘルシア緑茶と肝臓について [肝臓病]

体脂肪率(体の中の脂肪の割合です)を下げるという謳い文句で販売されており、特定保健用食品としても国から認可されている花王のヘルシアって、肝臓に効果があるでしょうか?

ヘルシアは緑茶に含まれるカテキン(フラボノイドの一種で緑茶に含まれていることで有名です)を高濃度で含んでいることで、脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過度に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)代謝を上げるといったお茶です。

脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)代謝を改善するという事で、肝臓への負担が軽くなると思う方もいるものです。



でも、実は、高濃度のカテキンが肝臓に負担をかけてるといった結論を出している国も多いみたいです。

このため、フランスやスペインでは販売禁止なっています。

これまでに、カナダやフランス、スペインで、ヘルシアと似た感じの高濃度茶カテキンのサプリメントサプリと略されることもありますし、栄養補助食品や健康補助食品などと表現されることもあります)等による肝機能障害(肝臓は沈黙の臓器と呼ばれているため、かなり進行しないと自覚症状がでません)が複数報告されており、

販売禁止などはそれらを受けての措置だと言われているのです。



カナダでの肝機能障害はヘルシアが原因(もちろん改善できない時もあります)ではなくて、ヘルシアとほぼ同量の高濃度茶カテキン(一度に大量に摂取するのは、肝臓障害などの恐れがあるかもしれません。何事もほどほどが肝心です)を含むサプリメント(中には粗悪品もありますから、信用できる会社の商品を選ぶことが大切です)によるものでした。

ただ、これによって、高濃度茶カテキン(フラボノイドの一種で緑茶に含まれていることで有名です)の肝機能障害への影響が指摘され、

同じくらいの高濃度茶カテキン(一度に大量に摂取するのは、肝臓障害などの恐れがあるかもしれません。何事もほどほどが肝心です)を含んでいるヘルシアも危険ではないか?

といった声が高まっているのです。



日本国内ではそういった報告はまだ出ていありませんが、やはり、取り過ぎると危険である可能性は捨て切れないといえるでしょう。

茶カテキンそのものは危険な成分ではないのですが、高濃度のものを摂りすぎるのは、肝臓に負担を掛けてしまうと言う事みたいですね。



リンク集!!
肝臓にはアルコールは禁物
肝臓に良い食べ物、魚介類や海藻類が効果的
二日酔いに効果がある薬のご紹介



この記事の関連ワード
新種 口臭 黄疸 NASH の治療 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。