So-net無料ブログ作成
検索選択

肝臓に良い食べ物とは? [肝臓病]

「泣かずの臓器」「沈黙の臓器」等とも呼ばれる肝臓は、自覚出来る症状が出た時には手遅れのことも多いと言われる怖い臓器です。

その働きは大変重要なもので、消化吸収された栄養分をエネルギーに変えたり、血糖値(高すぎると糖尿病の恐れがあるでしょう)の調整をしたり、色々な働きがあります。

そのなかでも、「解毒作用」という働きが特に重要でしょう。



アンモニアを尿として排泄したり、アルコール(最近のお酒はジュースみたいな缶で売られていることもあり、子供が誤飲する事故も起こっています)を分解するような働きもしているのです。

つまり、アルコール(最近のお酒はジュースみたいな缶で売られていることもあり、子供が誤飲する事故も起こっています)の取り過ぎや、糖分(糖質とも呼ばれます)・脂肪分の取り過ぎは、肝臓に負担をかけしまうと言う事なのです。



病状が悪化するまで気がつきにくい臓器ですから、日頃から出来るだけ肝臓をいたわった生活を送りたいものです。

そのためには、食事が大変重要な意味を持ちます。

糖分・脂肪分・アルコール(単にアルコールという場合、お酒を指すことがほとんどでしょう)を取り過ぎないことは当然のこと、肝臓にいいというような食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)を積極的にとり入れた食生活を送りたいものですよね。



では、具体的に、どのような食材が肝臓にいいのでしょう。

シジミの味噌汁が大変良いということをご存じの方は多いかもしれませんね。

シジミには、肝機能を向上させるビタミンB1(不足すると脚気になってしまったり、神経炎になるといわれています)2を豊富に含むからです。



お味噌汁にすれば、調理で流れでた栄養素(ビタミンやミネラル、脂質も健康を保つためには、必要不可欠です)も摂取できて、大変好ましいかもしれません。

また、シジミには敵わないものの、魚介類や海(地球温暖化の影響で、少しずつ砂浜が減ってきているそうです)藻類も肝臓には良いと言われている食材です。

それに、ウコン(ターメリック)も有名ですね。

そのほかにも、大豆やレバーなんかも、肝臓のためには積極的に摂りたい食材です。



こちらはどうかな。
肝臓に良い栄養素って?
二日酔いに効果がある薬のご紹介
肝臓の検査には3つの検査がある



この記事の関連ワード
レシピ 犬 数値 黄疸 芸能人 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。