So-net無料ブログ作成
検索選択

肝臓にタウリンはいかがでしょうか? [肝臓病]

家|ョ´・3・)ノこんてぃわぁ♪今日もお付き合い感謝です。

いかやたこなどと言った魚介類、牡蠣などの貝類にたくさん入っている成分である「タウリン」。

タウリンは私達人間が生命をキープするためには、必須な栄養素であり、脳や血液、心臓肝臓など、体のほとんどの部分にある成分です。



そのタウリン(タコやイカなどの魚介類に多く含まれていて、血圧やコレステロール値を下げたり、肝臓の働きを促進したりすると考えられています)が肝臓にとって、肝臓の機能を高めるというのに効果的だと言われていることをご存知でしたか?

タウリンが一体どのような効果を肝臓にもたらすのか、簡単にご紹介していきます。



まず、一つ目の働きとしては、何らかの理由により、損傷を受けた肝臓の細胞の再生を促進させる作用があり、さらにも、保護する働きを持っています。

そして、2つ目は、肝臓の働きを助けてくれる胆汁(消化酵素は含まれていませんが、消化をサポートする働きがあります)の分泌を促進させてくれるので、肝臓の働きが正常に保たれるといわれているんですね。



胆汁の主な成分であるのが胆汁酸ですが、胆汁(胆のうに貯蔵されていて、食事の際に排出されます)酸は脂肪を分解して消化する作用があるはずです。

また、過剰なコレステロール(食物繊維やビタミンC、レシチンを摂ることで、余計なコレステロールを体外に排出しやすくなるでしょう)を排泄する働きがあるため、血中のコレステロールの値を低下させてくれるのです。



その他にも、タウリン(ドリンク剤によく含まれていますね)は肝臓に効果あり働きをしてくれるはずです。

例えば、アルコール(最近のお酒はジュースみたいな缶で売られていることもあり、子供が誤飲する事故も起こっています)は体内に入ると肝臓で分解され、更に酵素(体内で化学変化を起こす触媒的な存在です。



たくさんの種類があり、一種類で一つの働きしかしないといわれています)の力によっても分解されることで、肝臓に大きな負担をかけています。

それで、お酒を多量に摂取すると、肝臓に負担をかけると言われているのです。

しかし、タウリンには、酵素(体内で化学変化を起こす触媒的な存在です。たくさんの種類があり、一種類で一つの働きしかしないといわれています)分解される際に、分解を助ける働きがあります。



ですので、タウリンが体内に存在すると、アルコールの分解が早まり、肝臓に負担がかかってにくくなるわけです。



今日の気になるサイト集!?
肝臓の検査でγGTP(ガンマ)数値が高いとどうなるの?
肝臓に良い栄養素って?
肝臓病は悪化しないと症状が現れない



というわけで、おしまい!!!


この記事の関連ワード
黄疸 原因 犬 治療 レシピ 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。