So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2012年05月 |2012年06月 ブログトップ

肝臓に良い食べ物とは? [肝臓病]

「泣かずの臓器」「沈黙の臓器」等とも呼ばれる肝臓は、自覚出来る症状が出た時には手遅れのことも多いと言われる怖い臓器です。

その働きは大変重要なもので、消化吸収された栄養分をエネルギーに変えたり、血糖値(高すぎると糖尿病の恐れがあるでしょう)の調整をしたり、色々な働きがあります。

そのなかでも、「解毒作用」という働きが特に重要でしょう。



アンモニアを尿として排泄したり、アルコール(最近のお酒はジュースみたいな缶で売られていることもあり、子供が誤飲する事故も起こっています)を分解するような働きもしているのです。

つまり、アルコール(最近のお酒はジュースみたいな缶で売られていることもあり、子供が誤飲する事故も起こっています)の取り過ぎや、糖分(糖質とも呼ばれます)・脂肪分の取り過ぎは、肝臓に負担をかけしまうと言う事なのです。



病状が悪化するまで気がつきにくい臓器ですから、日頃から出来るだけ肝臓をいたわった生活を送りたいものです。

そのためには、食事が大変重要な意味を持ちます。

糖分・脂肪分・アルコール(単にアルコールという場合、お酒を指すことがほとんどでしょう)を取り過ぎないことは当然のこと、肝臓にいいというような食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)を積極的にとり入れた食生活を送りたいものですよね。



では、具体的に、どのような食材が肝臓にいいのでしょう。

シジミの味噌汁が大変良いということをご存じの方は多いかもしれませんね。

シジミには、肝機能を向上させるビタミンB1(不足すると脚気になってしまったり、神経炎になるといわれています)2を豊富に含むからです。



お味噌汁にすれば、調理で流れでた栄養素(ビタミンやミネラル、脂質も健康を保つためには、必要不可欠です)も摂取できて、大変好ましいかもしれません。

また、シジミには敵わないものの、魚介類や海(地球温暖化の影響で、少しずつ砂浜が減ってきているそうです)藻類も肝臓には良いと言われている食材です。

それに、ウコン(ターメリック)も有名ですね。

そのほかにも、大豆やレバーなんかも、肝臓のためには積極的に摂りたい食材です。



こちらはどうかな。
肝臓に良い栄養素って?
二日酔いに効果がある薬のご紹介
肝臓の検査には3つの検査がある



この記事の関連ワード
レシピ 犬 数値 黄疸 芸能人 


ヘルシア緑茶と肝臓について [肝臓病]

体脂肪率(体の中の脂肪の割合です)を下げるという謳い文句で販売されており、特定保健用食品としても国から認可されている花王のヘルシアって、肝臓に効果があるでしょうか?

ヘルシアは緑茶に含まれるカテキン(フラボノイドの一種で緑茶に含まれていることで有名です)を高濃度で含んでいることで、脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過度に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)代謝を上げるといったお茶です。

脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)代謝を改善するという事で、肝臓への負担が軽くなると思う方もいるものです。



でも、実は、高濃度のカテキンが肝臓に負担をかけてるといった結論を出している国も多いみたいです。

このため、フランスやスペインでは販売禁止なっています。

これまでに、カナダやフランス、スペインで、ヘルシアと似た感じの高濃度茶カテキンのサプリメントサプリと略されることもありますし、栄養補助食品や健康補助食品などと表現されることもあります)等による肝機能障害(肝臓は沈黙の臓器と呼ばれているため、かなり進行しないと自覚症状がでません)が複数報告されており、

販売禁止などはそれらを受けての措置だと言われているのです。



カナダでの肝機能障害はヘルシアが原因(もちろん改善できない時もあります)ではなくて、ヘルシアとほぼ同量の高濃度茶カテキン(一度に大量に摂取するのは、肝臓障害などの恐れがあるかもしれません。何事もほどほどが肝心です)を含むサプリメント(中には粗悪品もありますから、信用できる会社の商品を選ぶことが大切です)によるものでした。

ただ、これによって、高濃度茶カテキン(フラボノイドの一種で緑茶に含まれていることで有名です)の肝機能障害への影響が指摘され、

同じくらいの高濃度茶カテキン(一度に大量に摂取するのは、肝臓障害などの恐れがあるかもしれません。何事もほどほどが肝心です)を含んでいるヘルシアも危険ではないか?

といった声が高まっているのです。



日本国内ではそういった報告はまだ出ていありませんが、やはり、取り過ぎると危険である可能性は捨て切れないといえるでしょう。

茶カテキンそのものは危険な成分ではないのですが、高濃度のものを摂りすぎるのは、肝臓に負担を掛けてしまうと言う事みたいですね。



リンク集!!
肝臓にはアルコールは禁物
肝臓に良い食べ物、魚介類や海藻類が効果的
二日酔いに効果がある薬のご紹介



この記事の関連ワード
新種 口臭 黄疸 NASH の治療 


脂肪感の改善方法はご存知ですか? [肝臓病]

脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過度に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)肝になってしまう要因としては、アルコール(お酒はエチルアルコールが主成分で、依存症になってしまうことも少なくありません)を多く摂取したり、

肥満(原因も人それぞれで、食習慣に問題がある、親からの遺伝で太りやすい、疾患や服用している薬の影響、睡眠不足で太りやすくなっているなどが考えられます)だったりしますが、

脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)肝を解消する方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)にも様々あります。



お酒を普段から多く摂取しているような方であれば、完全に禁酒してアルコールの摂取量を減らす必要があるでしょう。

禁酒出来ないまでも、極力へらすべきです。

アルコールを多く摂取する方の約八十パーセントは、脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が異なります)肝にかかるという調査結果も出ている程度ですから、お酒が好きな方は注意してくださいね。



やはり、脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)肝を改善する為には、体内に摂取する物を一度見直す必要があります。

太った人も脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が異なります)肝になり易いと言われているので、食事の改善を行うと良いでしょう。

まず、初めに、脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)分と糖質(炭水化物ともいい、生命活動をする上で必要になるエネルギー源の一つです)を控えるように心掛けてみてください。



特に、脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)肝が進行行う方は、この2つを必ず守ることが大事ですよ。

1600カロリーが1日に必要な摂取エネルギーと言われているので、それを超えないように魚や大豆なんかの良質なたんぱく質(含まれている必須アミノ酸の構成比率によって、栄養価が決まるでしょう)やビタミン、ミネラル(カルシウムや亜鉛、鉄分などが有名ですね。



不足すると、深刻な不調が現れてしまいます)をバランス良く摂取すると良いでしょう。

肥満(単純性肥満、病的肥満、症候性肥満、皮下脂肪型肥満といった種類があります)を解消する為にも、適度に体を動かすことも必要なのです。

ただ運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)をやるのではなくて、これからも体の中に脂肪(外食をしていると、特に摂り過ぎてしまう傾向があるでしょう)を蓄積させないような体を作っていかなくてはならありませんから、

有酸素運動を行って基礎代謝量(一日に最低限必要となるカロリーのことで、これを下回るカロリーしか摂取しないダイエットは大変危険です)をあげていかなくてはいけないのです。



加えて、有酸素運動は、内臓等を健康に保つために有効な運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)と呼ばれています。

理想的な有酸素運動は、毎日20分以上ウォーキング(クッション性の高い靴を履き、正しい歩き方で歩くことが大切です)を継続することです。

二十分以上歩けば、しっかり脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)を燃焼する場合ができるため、頑張って継続してみてくださいね。



このサイトはいかが!
肝臓に良いサプリメントの種類
肝臓病は食生活から見直そう
肝臓に良い食べ物、魚介類や海藻類が効果的



この記事の関連ワード
NASH 食事療法 芸能人 の治療 原因 


タウリンの効果ってどうなんでしょう? [肝臓病]

いかやたこなどといった魚介類、牡蠣などの貝類に多く入っている成分である「タウリン(ドリンク剤によく含まれていますね)」。

タウリン(別名アミノエチルスルホン酸で、言われている由来はラテン語の雄牛だそうです)は私達人間が生命を保つためには、必須な栄養素(組み合わせることでより吸収効率がよくなったりするそうですよ)であり、

脳や血液、心臓肝臓など、体の殆どの部分に存在している成分なのです。



そのタウリン(タコやイカなどの魚介類に多く含まれていて、血圧やコレステロール値を下げたり、肝臓の働きを促進したりすると考えられています)が肝臓に取って、肝臓の機能を高めてくれるのに効果のあるといわれることをご存知でしたか?

タウリン(カルボキシル基を持たないため、厳密にいうとアミノ酸ではありません)が一体どんな効果を肝臓にもたらすのか、簡単にお話していきます。



まず、1つめの働きとしては、何らかの理由によって、損傷を受けた肝臓の細胞の再生を促進させる作用があり、更には、保護する働きを持っているといます。

そして、2つ目は、肝臓の働きを助けてくれる胆汁(胆のうに貯蔵されていて、食事の際に排出されます)の分泌を促進させることによりくれるので、肝臓の働きが正常に保たれるのです。



胆汁(肝臓で生成される液体で、黄褐色です)の主な成分であるのが胆汁(一日に600ミリリットル分泌され、摂取した脂肪を分解しやすくします)酸かと言って、

胆汁(胆のうに貯蔵されていて、食事の際に排出されます)酸は脂肪を分解して消化する作用があります。

また、過剰なコレステロール(ステロイドホルモンやビタミンDなどの原料になるため、必要不可欠です)を排泄する働きがあるため、血中のコレステロール(脂質の一種で、遊離脂肪酸です)の値を低下させてくれます。



その他にも、タウリン(タコやイカなどの魚介類に多く含まれていて、血圧やコレステロール値を下げたり、肝臓の働きを促進したりすると考えられています)は肝臓に効果のある働きをしてくれます。

例えば、アルコール(単にアルコールという場合、お酒を指すことがほとんどでしょう)は体内に入ると肝臓で分解され、さらに酵素の力によって分解されることで、肝臓に大きな負担を掛けています。

それで、お酒を多量に摂取すると、肝臓に負担を掛けてると言われているのです。



しかし、タウリンには、酵素(タンパク質からできているので、70℃をこえる熱により活性を失うという性質があります)分解される際に、分解を助ける働きがあるのです。

ですから、タウリン(タコやイカなどの魚介類に多く含まれていて、血圧やコレステロール値を下げたり、肝臓の働きを促進したりすると考えられています)が体の中に存在すると、アルコールの分解が早まり、肝臓に負担が軽くなるわけです。



お気に入り
コーヒーは肝臓に良い飲み物
タウリンが肝臓の機能を高めるその効果とは?
肝臓の検査には3つの検査がある



この記事の関連ワード
ナッシュ 新種 タンパク質 レシピ NASH 


アルコール性肝障害に詳しいですか? [肝臓病]

これからお話することは、お酒を日常から摂取する方や大量にお酒を摂取する方によく聞いて欲しいのです。

あなたはアルコール(単にアルコールという場合、お酒を指すことがほとんどでしょう)性肝障害を知っていますか?

アルコール(お酒はエチルアルコールが主成分で、依存症になってしまうことも少なくありません)性肝障害は、アルコール(メチルアルコール、エチルアルコールなどの種類があります)を過剰に摂取すると、約2割の人に起こる可能性があるとなっているんです。



そして、いままで飲んで来たお酒の量が多ければ多いほど、アルコール(最近のお酒はジュースみたいな缶で売られていることもあり、子供が誤飲する事故も起こっています)性肝障害を引き起こす危険性が高いのです。

その上、既に脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)肝だと診断されいる方はより一層注意してください。

簡単な目安には、日本酒で計算して、一日3合飲酒(適度な量であれば、ストレス解消にもなり、健康にもいいでしょう)する生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)を五年以上続けると、発症の危険性が高いと思います。



これはあくまでも目安ですから、この病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)が発生するかどうかには個人差があるんです。

でも、女性だったら男性の約3分の2の量で、この病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)が発生するとも言われているのです。

それに、男性ではこの生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)を約20年間、女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)ではこの生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)を約十二年間続けると、

肝硬変(進行性の慢性肝疾患で、肝炎とは違って非可逆的です)になってしまう可能性が高くなるそうです。



毎日飲酒(適度な量であれば、ストレス解消にもなり、健康にもいいでしょう)量をチェックしながら、大量にお酒を摂取しないよう心掛けてください。

また、若年層の場合は、アルコールの摂取量が少ない場合でも発症してしまう恐れがある為、

若い方は若いからといっても安心せず、お酒の摂取量を控える必要がありますね。



アルコール(最近のお酒はジュースみたいな缶で売られていることもあり、子供が誤飲する事故も起こっています)性肝障害は、初期段階では大半の方が自覚症状がなくて、症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)があったとしても全身の倦怠感を感じる程度になると思います。

しかし、病気(先天的なものも少なくないでしょう)が進行していけば、肝臓病に似た症状で、黄疸や嘔吐・下痢などの症状を発症するんです。

自覚症状が無いので、血液検査などを受けて発覚する事が多いでしょう。

ただ、軽度のアルコール性肝障害であれば、お酒の摂取量を日々控えていくことで改善されることになるのです。



今日の気になるリンク集!!
ヘルシア緑茶を摂りすぎると肝臓に負担?
「脂肪肝」とはどんな病気なの?
肝臓にはアルコールは禁物



この記事の関連ワード
タンパク質 口臭 芸能人 NASH レシピ 



-|2012年05月 |2012年06月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。