So-net無料ブログ作成

肝炎という病のこと [肝臓病]

毎度です!今日も一日頑張ってまいりましょう。

機能に多少の障害を受けていても症状がみられにくく、病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)にかかっていることが分かり難いと言われる肝臓だからと言って、肝臓がかかる病気として代表的な物が肝炎です。

肝炎とは読んで字のごとく、何らかの原因(どう頑張ってもわからないことも少なくありません)により肝臓に炎症が起こっている状態の事を言うのです。



炎症(炎症の五徴候という場合には、機能障害も含まれています)の原因は、薬剤やアルコールがあげられますが、日本人(出身県によって様々な個性があるものです)が起こす肝炎のうち、約八十パーセントがウイルス性の肝炎だといえますね。

また、肝炎と一口にいっても、肝炎には様々な種類があります。



何度か耳にした方もいるとは思いますが、肝炎には急性肝炎と慢性肝炎(初期のうちは特に自覚症状がないため、気がつきにくい疾患だといえるでしょう)とがあります。

急性肝炎の場合は潜伏期にはほとんど症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるように頑張ってみるといいかもしれません)が見られないので、ここで肝炎だと気がつく方はほとんどいらっしゃらないでしょう。



急性肝炎の主な症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるように頑張ってみるといいかもしれません)として、頭痛(今までに感じたことのないような痛みであるのなら、病院で精密検査を受けた方がいいでしょう)や発熱・食欲不振や全身の倦怠感(貧血が原因で倦怠感が起こっている場合には、朝起きた時や生理の際に倦怠感が増すでしょう)など、

風邪(西洋医学と東洋医学では治療法が異なりますが、安静にして寝ていた方がいいのは確かなようです)に似たような症状を現します。



このような症状と共に、目の白い部分が黄色くなったり、手のひらが黄色くなってしまう黄疸が出るようであれば、肝炎が疑えるので、すぐに病院へ行って検査を行う必要があるのです。

慢性肝炎(初期のうちは特に自覚症状がないため、気がつきにくい疾患だといえるでしょう)は、上記の症状が六ヵ月以上にわたって続いている状態の事をいうのです。



慢性肝炎(肝臓の炎症がずっと継続して起こることです)を放置してしまったりすると、肝硬変になってしまう恐れがあるので、充分な注意が必要となります。

先程、肝炎の約80%がウイルスが原因のウイルス性肝炎だとお話しましたが、原因によって肝炎が分類出来ることもお話しておくといいですね。



輸血や血液製剤を体内に注入したことによって、肝炎に感染したというニュースをきいたことがあると思いますが、これはC型肝炎(日本での感染者は、150万人以上といわれています)と言う物です。

ウイルス性肝炎は、日本人の場合、このC型の他にA型とB型が多いと言われています。



ウイルス性の他に、薬剤を服用したことが原因となって肝機能障害(定期的に健康診断を受けるなどして、早期発見することが大切になります。)

を起こしてしまう薬剤性肝炎、アルコール(単にアルコールという場合、お酒を指すことがほとんどでしょう)摂取量が多いことが原因で起こるアルコール性肝炎などもあります。



ちょっといいかも!!
肝臓に良い食べ物、魚介類や海藻類が効果的
肝臓の検査では、GOTとGPTの数値はなぜ高いと良くないの
脂肪肝を改善する方法のご説明



てなわけで、―地球滅亡まであと365日―、えっあと1年?


この記事の関連ワード
犬 新種 原因 種類 ナッシュ 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。